Google日本語入力

私はここ10年ほど文字入力はBaiduを使っています。

と、今はつい先程DLしたGoogle日本語入力で書いていますが(笑)
この時(笑)が’わらい’と入力しただけでは変換出来ないことに気づきました(笑)
ちょっとショック(O_O;)

Baidu愛用の理由と言うのは本来の入力機能じゃなくてスクリーンショットなんです。
ものすごく使い勝手が良いのです。


変換

スクリーンショットの編集もできてしまいます。
これは本当に便利o(@^◇^@)o

という事でGoogle日本語語入力は6行でその使命を終えました。。。。

スポンサーサイト

新盆です。

8月に入り直ぐに強い偏頭痛がして、その後ずっと下痢状態が続いていました。
ノロか?!と思って警戒していましたが、ひと月一回の外出しかしていない私が一体どこで貰うというの。
そこでネット検索してみたのです。
分かった事実、、、、腎臓結石でも似たような症状になるとありました。これにはビックリ!!
そして肝臓が悪い時でもあるそうです。
これも昨年から飲み続けている股関節の鎮痛薬カロナールの副作用と言えるかもしれません。
偏頭痛は2日後に結膜下出血しまして、その前兆だったと思われます。
ここでノロの疑いが一気に晴れました(笑)

一昨日からやっと正常になりました。
ここらで失った腸の乳酸菌を追加してあげなくてはいけないそうです。
下痢になってからからずっと飲み続けているのですが、これはよく効きますよ。

我が一家の常備薬「せいのもと」、乳酸菌、納豆菌、ビオヂアスターゼ配合です。

IMG_4360.jpg


今年は叔父の新盆、そしてその連れ合いの叔母も新盆を迎えました。
叔父が亡くなって2ヶ月後に叔母も亡くなりました。
16歳と24歳で出会ってすぐに結婚。
叔父に言わせると乙羽信子(古ぅ~い)に似た可愛い少女だったそうです。
仲良し夫婦だったし、叔母は4年前に脳梗塞で倒れてから痴呆になっていたので、
叔父としては残して逝くのは気が気じゃなかったでしょう。
夫婦手を取り合って虹の橋を渡れて良かったね、と思っています。
今頃は先に行った家族と彼の地で再会し、こちらに残った唯一の家族である私の母を見守っているでしょう。
と言うか、母の行動のあれこれを観察して面白がっている気がするなあ~

ウチはお通夜、お葬式でも笑いの絶えない暢気な一家なので、あちらの世界も明るく想像できてしまいます。
近い将来、母を送り出す事になるのですが、我が親族一同が待っていると思うと安心できるのです。

オリーブ・キタリッジ

最近、夜の介護を終えると、知らない間に眠っていまい、目が覚めるのが大体夜中の1時から2時の間です。
一回グッスリ眠っているので目が冴えて次の眠りがなかなかやってきません。
仕方なく、今日は夜中からhuluで海外ドラマを見ました。
流石に「攻殻機動隊」は飽きてしまった(笑)

オリーブ2


見たのは話題の作家エリザベス・ストラウトの「オリーブ・キタリッジ」です。
何故見たかというと私の好きな女優さんが出ているからなのです。


オリーブ

フランシス・マクドーマンド
私がこの人を意識したのはジョージ・クルーニィ主演の映画「バーン・アフター・リーディング」でした。
整形手術の費用欲しさに何でもやってしまうスポーツクラブの従業員で同僚にはブラピがいて、可哀想にブラピは直ぐに殺されてしまいます。
その後は「トランスフォーマー ダークサイドムーン
どちらの映画も強烈に印象に残こります。

この「オリーブ・キタリッジ」でも偏屈で変わり者の元高校の数学教師を演じていますが、その偏屈ぶりに一切の妥協がなくスゴイ!の一言。

物語はダラダラしたところがなくアッサリ数年進んでしまい、登場人物たちの老化振りがとってもリアルです。
13話あるのを4話に絞っているそうなんですが、全話見たいと思います。

早速Amazon Kindleで原作を購入しようとしたのですが、電子化はまだでした。
電子化が待ち遠しいです。



映画「GHOST IN THE SHELL」レンタル開始

今日早速見ましたが、アニメの方が断然面白い!
川井憲次の音楽も良かったし、ま、日本人制作の方が上だな(笑)

攻殻機動隊2


主人公は少佐と言う呼び名で「草薙素子」って女性ですが、
スカーレット・ヨハンソンを草薙とか、素子とか思い難い。
有名な芸者ロボットのシーンも変なメイクを施してあるので傀儡人形かと思ってしまう。

アニメ「GHOST IN THE SHELL」の実写化ではなく、
攻殻機動隊「少佐編」、と言うコンセプトのエピソードの集合体ッて感じが強いですなぁ。
スカーレット・ヨハンソンは好きなんだけれど、わたし的にはこれは違う、別物だわ。
見ないほうが良かったかと思いました。。。。。。

という訳で、途中でやめてしまって最後まで見ていなかったのですが、
昨夜続きを見たら、エンドロールで川井憲次氏の「謡」が流れました。
それと好きじゃないんだけれど、桃井かおりのシーンが良かった。
スカーレット・ヨハンソンとのバランスがよく、母娘に見えたし、、とネタバレか!
買っている猫の名前が「パンプキン」、これは映画「サユリ」の中で工藤夕貴が演じた役柄、
桃井かおりは芸者置屋のおかあさん。
きっと「サユリ」もこの監督が好きな映画なのでしょう。
実は私も好き!

桃井かおりは外国映画の方が光る女優だと思うのは私だけかな?
ジュリエット・ピノシュといい、女優のキャスティングのセンスは悪くない。
男優のチョイスはイケメンが見付からずイマイチではあるけれど、
結局この監督も「攻殻機動隊」が好きなんだな、とやや納得した次第です(笑)

お気に入りの景色

ヒコーキ1 (2)

ダイニングの窓から仮住まいしていたマンションが見えます。
この景色は私お気に入りなのですが、午後4時~7時過ぎる頃までは伊丹空港に着陸するヒコーキが5~10分置きに通過するのです。
窓を開けておくと、結構な轟音がするのでもう直ぐ視角に入ってくるなって分かるんですよ。

小さく写ってしまうのが不思議なんですが、本当はもっと大きくて落ちてくるんじゃないかと思うくらい迫力満点です。

この日は台風の翌日でしたが、不思議な雲が出ていました。

ヒコーキ2 (2)

その上、隣のマンションの自転車置き場の前に奇妙な物体が落ちているのを発見しました。
近所の人も何だろと不思議がっていました。
私には黒いTシャツか折り畳み傘昨夜の嵐で吹き飛ばされたように見えたのですが、
なな、何と、カラスの死骸だったんです!

ヒェ~~!!

きっと嵐の乱気流と雨で翼が濡れて落ちてしまったんでしょうね。。。。。