映画「GHOST IN THE SHELL」レンタル開始

今日早速見ましたが、アニメの方が断然面白い!
川井憲次の音楽も良かったし、ま、日本人制作の方が上だな(笑)

攻殻機動隊2


主人公は少佐と言う呼び名で「草薙素子」って女性ですが、
スカーレット・ヨハンソンを草薙とか、素子とか思い難い。
有名な芸者ロボットのシーンも変なメイクを施してあるので傀儡人形かと思ってしまう。

アニメ「GHOST IN THE SHELL」の実写化ではなく、
攻殻機動隊「少佐編」、と言うコンセプトのエピソードの集合体ッて感じが強いですなぁ。
スカーレット・ヨハンソンは好きなんだけれど、わたし的にはこれは違う、別物だわ。
見ないほうが良かったかと思いました。。。。。。

という訳で、途中でやめてしまって最後まで見ていなかったのですが、
昨夜続きを見たら、エンドロールで川井憲次氏の「謡」が流れました。
それと好きじゃないんだけれど、桃井かおりのシーンが良かった。
スカーレット・ヨハンソンとのバランスがよく、母娘に見えたし、、とネタバレか!
買っている猫の名前が「パンプキン」、これは映画「サユリ」の中で工藤夕貴が演じた役柄、
桃井かおりは芸者置屋のおかあさん。
きっと「サユリ」もこの監督が好きな映画なのでしょう。
実は私も好き!

桃井かおりは外国映画の方が光る女優だと思うのは私だけかな?
ジュリエット・ピノシュといい、女優のキャスティングのセンスは悪くない。
男優のチョイスはイケメンが見付からずイマイチではあるけれど、
結局この監督も「攻殻機動隊」が好きなんだな、とやや納得した次第です(笑)
スポンサーサイト

お気に入りの景色

ヒコーキ1 (2)

ダイニングの窓から仮住まいしていたマンションが見えます。
この景色は私お気に入りなのですが、午後4時~7時過ぎる頃までは伊丹空港に着陸するヒコーキが5~10分置きに通過するのです。
窓を開けておくと、結構な轟音がするのでもう直ぐ視角に入ってくるなって分かるんですよ。

小さく写ってしまうのが不思議なんですが、本当はもっと大きくて落ちてくるんじゃないかと思うくらい迫力満点です。

この日は台風の翌日でしたが、不思議な雲が出ていました。

ヒコーキ2 (2)

その上、隣のマンションの自転車置き場の前に奇妙な物体が落ちているのを発見しました。
近所の人も何だろと不思議がっていました。
私には黒いTシャツか折り畳み傘昨夜の嵐で吹き飛ばされたように見えたのですが、
なな、何と、カラスの死骸だったんです!

ヒェ~~!!

きっと嵐の乱気流と雨で翼が濡れて落ちてしまったんでしょうね。。。。。





攻殻機動隊

実はアニメにもハマっており、それがこちら↓「攻殻機動隊」ghost in the shell

1攻殻機動隊

実は「spec」の時と同じく、音楽に惹かれました。
「謡Ⅰ、Ⅱ、Ⅲ」
この曲が流れたときはゾワゾワ~がきました。
はじめはブルガリアンヴォイスかな、とおもいましたが、歌詞をよく聞くとどうも古代日本語のようです。
そこで調べてみたら、民謡の西田社中と言うグループだとわかりました。
作曲は川井憲次、この人はすごいとおもいます。

[広告] VPS


久々にコンサートがあったら行きたいと思いました。
一応オンデマンドでレンタルできるものは全部見たのですが、一番評価が高い「イノセンス」だけは
レンタルがないのです。
仕方が無いので、DVD購入。

攻殻機動隊

ま、どっちかと言うと「Ghost in the shell」の方が私は良かった!

スカーレット・ヨハンソンの実写版もレンタルするつもりですが、川田さんのこの曲は使われていないでしょう。
だとしたら、ちょっと物足りないかもね。



阪急大食堂復刻版カレー

阪急大食堂、、、懐かしい響きです。
私が幼い頃、兄弟たちと一緒に母に連れられて阪急にお買いものに行くと必ず寄ってなにか食べたものです。
今はもうなくなった大食堂のカレーの復刻版が出たというので買ってみました。

私はあんまり食べた記憶が無いけれど、兄弟たちは大抵これ。
私が一番好だったのはアイスクリームです。
銀の足高な容器に半円形のアイスとウェハースが乗っているあれですけれど(笑)

高校生になって阪急沿線に乗るようになってからはカフェの「コロンバン」がご贔屓に。
大人になってからは「福喜鮨」、「知留久」そして相変わらず「コロンバン」
「コロンバン」には名物ウェートレスがいて、その人がオーダーを取りに来てくれるかどうか、来てくれたらなんとなく嬉しい。
多分うん十年以上通ってたと思いますが、いよいよ建て替えで「コロンバン」も幕引きと言う頃の店内は女子高生時代からの常連です、みたいなおばさんが溢れていましたね。

カレー


そんな阪急の復刻カレーを母とシェアして食べました。
母「うん、美味しい!」と体調を崩してより食欲をなくしていたにも関わらず、結構進んだのにはビックリ!

そしてhuluで「美女と野獣」を見ました。

私が母のお腹にいるとき、叔母達が通っていたの女学校の学園祭でジャン・マレーの「美女と野獣」が放映されたそうです。
それを家族で見ている時に産気づいたと言う話をよく叔母たちから聞かされていました。
認知症の母は覚えているかな、と半信半疑で聞いてみると、これが覚えていたんですねぇ~

こう言う日がたまにあると介護の励みになります。










マルドゥック・スクランブルを読む

「BLAME!大地の記憶」が相当気に入ったのでしょう。
とうとう「マルドック・スクランブル」を読み始めてしまいました。

マルドックスクランブル

この表紙の挿絵が気に入らなかったので評判は知っていても読む気がしなかったのでした。
しかし「BLAME!。。。。」が余りに好みにぴったりだったので食わず嫌いは損する、止めとこ、と思った次第です。

そして、、、、、オモシロイ!!

持病の悪化で疲労困憊、24時間365日営業の介護とで家でくすぶるしかない私。
電子書籍がなかったらどうなっていたことやら、
考えるだに恐ろしい~((((;´・ω・`)))